TOSHI KIDA
ウツロイ
色は匂へど散りぬるを
http://www.toshikida.com/


9月18日

台風が過ぎていった。吉野裕子「陰陽五行と日本の民俗」を読み終わる。最後の最後に、「古代日本人が十月を神無月とよんだ背景には『無』に対する認識がある。この認識から二つの重要な彼らの認識が知り得られる。①『有』の前提となるものは『無』。従ってそ…

9月17日

台風のため、家のソファでゆっくり過ごす。吉野裕子「陰陽五行と日本の民俗」を読む。19時ごろから雨風が強くなってきた。23時を回ったら、突然、風がやみ、虫の音が聞こえる。聴いていた、音楽をとめる。23時45分、また風が吹きはじめる。寝る直前に、ダグ…

9月16日

今日明日は台風でまるっきり外に出れそうにない。だけどコーヒーとそのお供を切らしているから、朝のうちに買いに出かける。今月は、イルガチェフェとダーテラリザーブ。お供は、レアチーズケーキ。といっても、その材料のヨーグルト、バター、生クリーム、…

9月15日

カッコ良くデザインするだけなら簡単だ。大事なのは、そこに孕む見えないもの。ウェブサイトなんて誰だって作れるし、業者に頼めばすぐに作れる。それじゃだめだ。誰かに何かを伝えたければ、それは自分で全部やるほうがいい。ウェブサイトの構成から、写真…

9月14日

ブリコラージュが大切だとおもえてきてしかたがない。 ブリコラージュとは、「寄せ集めて自分で作る」「ものを自分で修繕する」こと。「器用仕事」とも訳される。元来はフランス語で、「繕う」「ごまかす」を意味するフランス語の動詞 "bricoler" に由来する…

9月13日

家に帰ると、キンモクセイの匂いが少し漂っていることに気付く。まだ蝉は鳴いている。夕方薄い雲は夕日と相まってピンク色。少し暗くなると、鈴虫が鳴く。いきなり夏から、秋になるのではなくって、いまは夏と秋が混ざり合っている。味噌汁がおいしい。 郵便…

9月12日

大雨。朝からカレーを作る。きょうはタイ風。玉ねぎ1/4個、にんにく少々、生姜少々、ターメリック小さじ1、カイエンパウダー小さじ1/2、クミン大さじ2を、フードプロセッサーでペースト状にする。鍋に油大さじ3を入れ熱したら、さきほどのペーストを炒める。…

9月11日

一日はたんたんと過ぎていく。松岡正剛『日本という方法』、磯崎新『磯崎新の仕事術』を読み返す。 伊勢神宮の方法:今の形式は、少なくとも、強力な日本的なものを押し出したいイデオロギーに基づいて作られた。(磯崎新『磯崎新の仕事術』より) 本居宣長…

9月10日

先日友人から、沢木耕太郎『深夜特急』の巻末に、「旅に出る年齢」について書いてあることを聞いた。早けりゃ早いほうがいいというわけではなく、適齢期なるものがあって、社会の作法や矛盾、葛藤を知るであろう26歳に、世界を見るとおもしろいのではないの…

9月9日

うまく言葉にできないことがある。うまくはいえないけれど、正しい道なんだろうなと感じるときがある。友人家族の家でおいしいビールと鮎を頬張りながら、そうおもう。結局のところ、生きるということを猛烈に意識して生活しているひとたちと、喋っていると…

9月8日

6時35分に起きる。グッドウェザー。 植草甚平のように今週は書いてみた。いい天気とばかり書いていると、たまにグッドウェザーと書きたくなるということがわかった。それくらい、いい天気がつづいていた。 ミスは犯すものだ。失敗はするものだ。それは当然で…

9月7日

6時10分に起きる。曇り。昨日の続きで、『月刊 遊』を読む。この本はキーブックだ。キーブックは、いろんな事象が通っている本のことだ。世の中の出来事ひとつひとつが線だとする。その線は見えないけれど、世界中に張り巡らされている。その線がたくさん重…

9月6日

5時55分に起きる。雨。事務所ですこし待機して、山へ。雨はほとんどやんでいる。葉っぱの上には雨が乗っている。風はない。雲はまだ谷間に居座っている。昼休み、ひとり、シュガーロスを聞く。圏外でも聞けるように、ダウンロードしてある。彼らの音楽がいま…

9月5日

5時55分に起きる。寒い。いい天気。鹿肉を炭火で焼く。炭で火をおこすのも、おこした火で肉を焼くのもまだまだ不慣れ。火をおこすのに時間はかかるし、火加減がわからないし、肉の焼き加減もまだまだだ。今日は焼きすぎた。それでも、ちょっとした感触は掴ん…

9月4日

5時50分に起きる。曇り。少し寒いが、まだ裸足。行けるところまで行くつもり。起き抜けにアウスゲイルのスターダストが聞きたくなった。YouTubeで聞くと、アイスランド語バージョンだった。こちらのほうが英語よりしっくりくる。気になって、アウスゲイルの…

9月3日

6時20分に起きる。いい天気。湯を沸かし、コーヒーを淹れて、家を出る。伊吹山の麓にある泉神社の湧き水を汲む。日曜日の8時なののひとが多い。水は大切なのだ。それから、伊吹山をぐるっと回る。途中で立ち寄った道の駅でイチジクを買う。ぼくはイチジクに…

9月2日

大津で試合。試合後、トレーナーと話す。僕は、ケガとか、どこかが痛んでいるとか、不健康とか、調子が悪いというのは、鉄が曲がっているような状態だと認識している。鉄の棒は本来はまっすぐなものだとすると、曲がっている状態が、なにかしら悪い状態だ。 …

9月1日

寒さで、6時過ぎに目が覚めた。今日から9月。ぼくたちはどう季節を感じているのか。カレンダーをみて?朝晩の肌寒さによって?雑誌のモデルの服装によって?稲穂のたれ具合によって?晩の味噌汁の温かさによって?太陽の傾きによって? 先日のジョブズのイン…

8月31日

Norah Jonesが聞きたくなってきたから、秋が近づいているのだろう。Don't know why。まだ8月だ というのに稲は穂を垂れていたり、もうすでに刈り取られていたり。「グレイトフルデッドからマーケティングを学ぶ」、折口信夫「折口という名字」、「スペクテイ…

8月30日

昼間はしっかり夏だけど、15時を回ると、影が伸びはじめ、秋が少しずつ顔を出す。17時の風は心地いいし、秋の風特有の胸がドキドキする感じがする。太陽と地球のリズムに合わせて踊っていることを実感する。 大学4回生のチームメイトに、夏休みになにをした…

8月29日

日本人はヒゲと呼ぶ。あごのも、鼻下のも、ひげと呼ぶ。英語では、あごひげはbeardで、鼻下のはmustacheと呼ぶ。同じものを同時に見ていても、ひとによって違って見える。 これはぼくの感覚なのだけど、親は完成されたものを買うことが美徳のようなきがする…

8月28日

ここ数ヶ月いろいろのことを考えている。やっとこさ、港がどの方角にあるのかわかりはじめてきた。というより、北極星のような目印となる点を見つけた。 テセウスはアリアドネに、「もしラビリンスから抜け出せる方法を教えてくれたら、永遠にあなたを愛しま…

8月27日

起きたら、昼が過ぎていた。ためている本を読む。コーヒーはイルガチェフェ。コーヒーを飲みながら、ずっと読む。夕食後、鈴鹿山脈を越えて、湯の山の片岡温泉へ。足を伸ばして湯に浸かる。ああ、生き返った、極楽や、と心の中で呟く。日本人は風呂に入って…

8月26日

神戸で試合。4時間みっちり汗を掻く。試合後、チームでブラジリアーノに行く。ここは、ブラジルのBBQが食べられる。肉のいろんな部位を串にさして適度に焼いたものを、僕たちの座っているテーブルまで持ってきて、その場で切り分けてくれる。ぼくは最近、美…

8月25日

1:どんな小さなことでも、あれっおかしいなとおもったら、手を止める 2:そのときはじめて、いままでのやり方じゃなくてもいけるんじゃないのか、考えてみる 3:試しにやってみる 4:繰り返す どんなことも、問題意識を持って、小さなことを繰り返して…

8月24日

仕事中に、レイモンド・マンゴー「就職をしないで生きるには」がいきなり頭に思い浮かんだ。帰宅して、本棚から見つけ出し、ぺらぺらめくると、ケルアックの言葉があった。「おれのいう人間ってのは、夢中な連中のことだ、生きるのに夢中、おしゃべりに夢中…

8月23日

遠くから、葉っぱを打つ雨の音がする。もうすぐ雨が降る。たとえば、時計やカレンダーがなくても、日が暮れ夜が来ることや、夏が終わることをぼくたちはわかるのはなぜなのだろうか。 仕事終わりに、水がなくなったから汲みに山へ向かう。その前に、いつもの…

8月22日

ソローの「市民の反抗」を読む。偶然、読んでいると家の目の前に、選挙カーが止まって、街頭演説がはじまった。「わたしたちはまずひととして生きなくてはなりません。I think that we should be men first, and subjects afterward.」とスピーカーからでは…

8月21日

引き続きJoni Mitchell。今日は、The hassing of summer lawns。邦題は、夏草の誘い。なんかわかる、夏草のhassing。The jungle laneのガチャガチャしている感じ、いい。 メタ情報が大切だ。たとえば、コーヒーがあるとする。ぼくにとっては、変わり者のコー…

8月20日

カメラで写真を撮る。Wi-Fiでスマホに移す。Lightroomでデジタル現像する。文章を考える。動画を撮る。音楽を作る。サイトを作る。これらは、すべて自分で完結できる。パソコン(スマホ)と、ちょっとしたアイデアと、ちょっとした気持ちで、(自分の)世界…

8月19日

最近よく、星野道夫「旅をする木」にある「ワスレナグサ」を思い出す。「結果が、最初の思惑通りにならなくても、そこで過ごした時間は確実に存在する。そして最後に意味を持つのは、結果ではなく、過ごしてしまった、かけがえのないその時間である。」 日本…

8月18日

「あの頃ペニー・レインと(almost famous)」の冒頭で、娘が隠し持っていたサイモン・アンド・ガーファンクルのレコードをお母さんは取り上げる。お母さんは子どものためをおもって、先回りして邪魔になるだろうものを与えないようにする。たとえば、ロック…

8月17日

「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」、鈴木大拙「禅」、司馬遼太郎「故郷忘じがたく候」が届く。早速、3冊の第一章を読む。 「故郷忘じがたく候」は、秀吉に連れてこられた代々鹿児島で暮らす韓国の陶芸家のはなし。鹿児島、数年前から行ってみ…

8月16日

遠くに行って帰ってきたら、頭がいつもと違う。体はいつもどおり動いているのに、頭はどこか遠くにあるようだ。浮遊感というのか、フワフワして地に足の着いてないような、幽体離脱感がたまりません。こんな日はなにもしない。なにもしなくても、なにかが出…

8月14、15日

珠洲にいます。

8月13日

8時には京都にいた。日曜日に京都にいたら、伊勢参拝者が、二見浦で禊ぎをするように、日曜のみ朝8時からはいれる船岡温泉でゆっくり禊を済ましてから、街へ繰り出すのだけど、今日はスキップ。昼には帰らなくてはいけない。逢魔が時には、魔界の扉が開いて…

8月12日

大阪であった試合の帰り道に時計に目をやると、ちょうど、19時。特に大きな出来事があったわけではありませんが、太陽が沈んだあとでも、あたりに少し光が残っています。その光が西向く山の尾根谷をくっきりさせているのを、遠くから見ると、晩夏を感じます…

8月11日

朝の3時に眠り、昼の11時ごろ目が覚めた。体が重い。どうやら、早く寝て早く起きた方がいい。なによりも気分が。規則の正しい生活=メリハリのある生活は、とても大切なことなのだといまさらおもう。 久しぶりにジョゼフ・キャンベル「神話の力」を読む。…

8月10日

2012年にフィリピンから帰ってきて、たしか、友人に会いに東京に行った。そのついでに、池袋のソフマップで友人のおかげで、安く買ったMacBook Proが熱を帯び、音を立て、挙動不審になる。そうか、5年も使っていたんだった。学生時に教授がムーアの法則…

8月9日

山は、暑い風と涼しい風が交互に吹いています。涼しい風にあたると、秋のはじまりを感じます。ふとカレンダーを見ると、昨日が立秋だったようで、月の暦に、ひとの感覚が寄り添っていることに気づきます。秋は振り返るとそこに立っていました。 ひとは自然の…

8月8日

Tom waitsのclosing timeを聴く。台風が過ぎる。少し残った雲の隙間から見える、空が青く、その青にみとれる。 仕事が終わって、タローさん一家とBBQ。鹿肉と猪肉と、ほぼ自給カレーを食べる。ひと任せにしててもなにもはじまらなくて、結局自分で、自分たち…

8月7日

台風のため自宅で待機。台風の風は吹くというより、吸い込まれているよう。ここ最近のいろいろ連打する。 スマホの進化の終焉とムーアの法則、個人主義ではない個人の時代、情報が手に入りやすい時代の変わらぬ個人と気付いた個人、Kindleで自費出版、コンデ…

8月6日

今年一番の暑さだと実感する。台風が九州の南西にいて、ゆっくりと関西に近づいている。畳の上で横になって昼寝をしていたら、窓から入ってくるあたたかい風に起こされた。汗でびっしょりだった。 ひとは政治や国に文句を言うけれど、自分のライフスタイル変…

8月5日

試合のため大阪に向かう。ひさしぶりに電車に乗る。4人掛けの席に座ると僕以外は見たところ60歳以上のおばさまだった。おばさまたちの話を聞いていると、ちょうど今読んでいる本と同じテーマについて話をしていた。「健康」について。 ぼくは病気というわ…

8月4日

「日本文化から受けた影響の中で、あなたの人生の中に最もプラスになったものはなんですか」という旨の言葉を見たとき、ぼくはドキッとした。こんなのほとんど耳にしない。 普段からそんなことばかり考えているんじゃないのと言われるけど、普段からそういう…

8月3日

今日は、Sigur Rosの()を聞く、夏らしくない一日。リーマンショック以降、人々は世界が過剰だということに気づきはじめた。そのころ時を同じくして、インターネットで音楽の配信が始まった。その当時のネット回線は非力で情報量が少ないため、音楽もまた無駄…

8月2日

Sigur Rosからはじまる朝。 アイスランドのアーティストのあの感じがすきだ。あの感じとしか言い得ないあの感じ。アイスランドの土地や文化が影響しているのがわかる。潜んでいる語感のリズムのせいかもしれない。彼らは、母国語を大切にしている。 こういう…

8月1日

結局のところ、いろんな問題が解決しないのは、ひとりひとりが目の前の問題を他人事のように扱っているからなのだとおもう。食べ物のこと、健康のこと、時間のこと、お金のこと、人間関係のこと、家族のこと。あらゆる問題を、ひとつひとつ正確に捉え、自分…

7月31日

七尾旅人のサーカスナイトがぐるぐる頭の中で流れる。 週末の暴食のため本日はおとなしく、粗食にする。朝は、玄米おにぎりとごま塩、昼は、玄米ご飯とごま塩、夜は、少なめの白米と、豚肉とナスの炒め物、豆腐。飲み物、水とお茶飲み。間食なし。腹八分目で…

7月30日

昨日の影響で、体の調子はよくない。よく睡眠をとる。おそめに起きて、京都へ向かう。高校の同級生と焼き肉。京都といえば、アジェ。3人でひたすら食べる。タン塩、カルビ、中落ち、バラ、ロース、せせり、レバー、ユッケ、それになんていったって、ホソがう…