TOSHI KIDA
ウツロイ
色は匂へど散りぬるを


11月18日

朝から雨が降る。遅めに起きて、「高い城の男」を観る。シャワーを浴びたら、兄貴家族が大阪から帰ってくる。久しぶりにあっても久しぶりな感じがしない。が、話すと数ヶ月会っていないことを実感する。時は容赦なく流れる。日常はテクノのように同じリズム…

11月17日

寄物沈思。モノは語る。モノには背景がある。辞書的にモノをみながら、別の目でモノを見ている。それを読み解く。物語り。 Adele / Best for last

11月16日

午後二時を回ると日が翳りはじめる。秋から冬へ向かっている。夜の時間が長くなるから、本を読む時間が増える。いま気になっている言葉が「照葉樹林」。頻繁に地震は起こり、台風もやってくる、四季は目まぐるしく回り、主食の米は一毛作、高温多湿でカビと…

11月15日

どんな車に乗っているかより、その車で流れている音楽や、向かっている先、どこに行っていったのについてはなすほうが好きだ。ここ数ヶ月、松岡正剛さんを読んでいておもったことがある。セイゴウさんのものの見方だ。「いまあるものを集めて並べ直したり、…

11月14日

ぼくがラッキーだとおもうのは、目の前にやりたいことが山済みで、やりたいことをやればやるほど、次の山が見えてくること。いや、やる前から見えているから、どれにしようか選ぶだけ。まあ選ぶのに四苦八苦している。いい意味で。遠くて急峻なものから、近…

11月13日

松岡正剛『空海の夢』を読む。 仕事をやり始めてまもないひとの行動を見ていると、あるできごとが起こったときに、それに対応するアイデアが少ない。仕事にもよるけれどアイデアは他人から盗むに限る。となると型が大事になる。型の習得は、こういうときこう…

11月12日

朝起きて、窓の外を見たら、いい天気だったので、コーヒーをタンブラーに淹れて、車のエンジンをかけた。行き先を決めていたわけではないから、とりあえず、北に向かう。やっと意中の一冊を読み終えたのと、秋のとてもいい天気なので、ちょっとそとに出る。…

11月11日

『謎床』を読みおえる。 ぼくがずっとそうじゃないのかとおもっていたことを、二人は口にしていてた。やはりそう考えているひともいたんだということに喜んだ。さらにふたりは話を進め、正剛さんはさらなる思考を、ドミニク・チェンさんは、そういった思考を…

11月10日

霜が降りた。 自分の見ている世界と、他人の見ている世界は違う。世界はひとつだけど、見方は多数。声の大きいひとが言うことは、信用できそうだけど、ちょっとでも、ん?とおもったら、自分で考えてみたらいいんじゃないか。空海が大学を中退したように。 …

11月9日

上司の娘の旦那のばあさんが95歳で亡くなったそうだ。死因は老衰で、前日まで元気に歩いていたという。そのばあさんの息子さんは、ばあさんの様子をいつでも伺えるように、最近は、ばあさんの隣で一緒に寝ていたそうだ。その息子さんが昨日の午前3時ごろ、…

11月8日

守破離のプロセスが有効なことは多い。それなのに、型にはまるという言葉の真意を汲み取らずにいてもったい。守破離のプロセスは、「疑問を挟むことなく型を守り続けた先に、その強固な殻を自然にうち破る自由度の発現のフェーズがあり、そこからさらに技法…

11月7日

いつでも好きなときに、好きなものを食べられる。いつでも好きなときに、好きな本を読める。そんな時代には、難しいけれど、だからこそ、限定することが大事だとおもう。だれも限定してくれないから、自分で限定する範囲を決めて、自分で守り、その先にある…

11月6日

昨日買った世阿弥『風姿家伝』が、かっこいいなと仕事中ずっと考える。風の姿、花の伝え。

11月5日

買おうとしている本 ・辻まこと 『すぎゆくアダモ』『遊ぼうよ』 ・松岡正剛『空海の夢』 ・坂口恭平『ズームイン、服!』 ・ロバート・フランク『Americans』 ・月刊遊『相似律』 今日買った本 ・松岡正剛、ドミニクチェン『謎床』 ・世阿弥『風姿花伝』 ・…

11月4日

歩いていると、「一眼レフでこの景色取りたいわ」と前を歩く見知らぬひとの会話が漏れてきた。世はまだいいカメラといえば一眼レフのようだ。ミラーレスが出てきて、コンパクトで高性能なカメラはすでに存在している。少し前まで、ポケットに地図なんてなか…

11月3日

文化の日。文化とは何か。 好奇心には二種類あって、ひとつはまだ見ぬものを探すといったもので、もうひとつは、すでにあるものの見方が変わるようなもの、と為末大さん。ぼくは後者だろうな。最近、既知のものが、溶けて、混ざって、見たところ前と変わらな…

11月2日

仕事帰りに、いつも寄る岡田屋本店へ。おばちゃんが「わざわざこんなところまで」といった。いやこちらこそ、わざわざこんなすばらしい商品を取り扱ってくれてとおもっている。ネットで買わないで、店まで足を運ぶには、わけがある。そこにしか置いていない…

11月1日

コーヒーを淹れて、ゆっくりする時間を取れないくらい忙しい訳じゃないのに、コーヒーを淹れるのが億劫になっている。 ひとそれぞれ起きてから寝るまでの間の生活の中に、ささいなバロメーターがある。ぼくはというと、星を眺めることやコーヒーを淹れること…

10月31日

練習帰り、夜中に、真っ暗な田んぼで車を止めて空を見上げ、しばらく星をみる。時間は大事だ。余白や余裕が想像力を喚起させたり、氾濫している情報をデトックスする。この5分間をとるかとらないかで、残りの23時間55分の質が変わる。今夜は星がきれい。

10月30日

風が北から吹く。今月読んだ松岡正剛さんの本を振り返っている。ぼくは本を読むときには付箋を大量につけている。そもそも今月、正剛さんの著書を読もうとおもったのは、日本を見るものさしを得られるとおもったから。著書の付箋の箇所に、「ひとつは世界と…

10月29日

松岡正剛『連塾 方法日本』三部作を読み終える。雨続きの天気のおかげで3週間で読み終えた。いろいろ考えさせられ、いろいろヒントをもらった。正剛さんの連打に苦しみ、自分の無知を知った。無知を知って、知りたいことが溢れてきた。日本のこと、世界のこ…

10月28日

「ある人が、何かを本気でやりたいと思った時、その人以外の誰も、それを制止できる完璧に正当な理由など持ち得ない。そんなの、あり得ない。」(小山田咲子『えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛してる』) 週末はまた雨の予報。雨が続くから雨のせいにしてい…

10月27日

言葉によって縛られ、言葉によって自由になり、または、制限することによって自由になる。 「私たちは、限定とは事態や選択肢を限ることですから、それが多様性を奪ったと思いすぎているんです。」という言葉を読んで、いままで盲目的に信じていたことが覆さ…

10月26日

ひさしぶりに友人と夕食をとる。22時頃家に向かって車を走らせる。目の前の空には雲がない。星がきれい。 石川直樹『すべての装備を知恵に置き換えること』を思い出す。「ミクロネシアの離島に住む航海者たちは、カヌーの揺れ具合や船体にあたる水の音によっ…

10月25日

本を読んでいると、「なんで本なんか読んでいるの」と聞かれることがある。はてには「本に書いてあることが事実だとも限らないでしょ」と言われる。そういわれるともっともな気がしなくもないが、おそらくそのひとは勘違いしている。そもそも、事実かどうか…

10月24日

昨日は友人宅でBBQ。いろいろ話す。それから、いま本を読んでいることについて考える。(最近は読書のことしか書いていないな。しかも本の内容じゃなくて、本を読むこと。) いましかまとめて読む時間がないだろうこと、ぼくの師匠たちはみな多読だというこ…

10月23日

今日もひたすらに本を読む。いまは少し背伸びをしながらの読書。ああこのひとにはとうてい敵いやしないな、とおもうひとの本を読む。それは松岡正剛さんなのだけど、彼は僕のなんにんかいるうちのエアー師匠のひとり。本がいいのは、著者を勝手に師匠にでき…

10月22日

台風の雨が勢いを増す。コーヒーが切れていたから、買いに出かける。今月は、コスタリカのラ・クンブレとメキシコのエルオルミゲロ。頼まれて、エチオピアの木上完熟イルガチェフェG1を購入。これ、めっちゃうまい!ぼくの今年のベストコーヒー。それから、…

10月21日

大事なことは経験から学ぶ。負の経験から。そこから這い上がるたびに、この世は無常だとおもう。成功は失敗の上にしかない。そう考えると、負というのはダメなことではないのに、最近もっぱら負をダメもの扱いにしたり、知らんぷりしているようにおもう。 サ…

10月20日

土用です。「春夏秋冬の終わりの十八日間のことを土用という。辰・羊・戌・丑にそれぞれある。(中略)冬は唐突に春になるのではなく、春もまた直ちに夏になるのではない。各季節の間には、そのいずれにも属さない中間の季がある。それが各季節の季(すえ)…