TOSHI KIDA
ウツロイ
色は匂へど散りぬるを

Everyday with playlists


7月21日

8時30分起床。グッドウェザー。『星の王子さま』の王子さまとキツネのシーンが去来する。王子さまは出会ったばかりのキツネに遊ぼうよというと、キツネは王子さまとは遊べないという。キツネは、ぼくは君に懐いていないからだという。(翻訳によっては、「飼いならされていない」バージョンもあるけど、ぼくは「懐く」のほうがすき)王子さまはその感覚がわからないからキツネに尋ねる。「懐くってなに?」と。キツネは絆を作ることだという。絆を作るとは、時間をかけるということだ。

 

スマホのアプリで「ワンクリック」を押したら翌日や数時間後には、なんでもほしいものが手元に届く世の中は便利だ。今日もアマゾンから荷物が届いた。その世界は悪くないし、便利が悪いわけではない。いまさら便利じゃない世界には戻れない。けれど便利と引き換えに失うものがあることには敏感でいたい。すべてのことや、ものや、ひととの関係はインスタントなものではないということ。なんでもそうだけど、あることを習得するには時間が必要だし、ひとと友人になるにも時間は必要だし、自分のお気に入りになるには時間をかけなければいけない。そんなことを、『星の王子さま』のキツネは思い出させてくれる。

 

師匠が弟子を見るときには、資質をみる。それだけじゃなく、もうひとつ、やる気やモチベーションや熱量を見るとおもう。こいつは本当にそれを学びたいのかどうか。ダイエットを成功させるには、自己との対話と明確な目標設定があってはじめて、適切な運動と食事制限を行うのが王道。世の中は便利になった。その代わりに、ひとのなかから時間をかけることの大切さを奪った。星の王子さまはたいせつなことをおしえてくれる。多読が大事なのはいうまでもない。多読には時間が必要だ。やはり時間の使い方がキーなのだ。現実的に。

7月20日

6時50分起床。いい天気。というより今日も危険な暑さ。きのうの疲れのせいか、起きるのが遅く、20分で支度して家を出る。今日もタツローから。ぼくがすべきことは、知らないことを知りたいという姿勢を保ち続け、多読をし、最新テクノロジーの動向を伺い、気になるは当事者に直接聞きに行き、それらを総合し、自分がやったこと、見たことを、自分で伝えること。その上で、いまやることは、伝え方や編集方法を学ぶこと(これは独学より弟子になるほうが有効だとおもっている)。そのために、まずは健康でなければいけないのと、時間を大切にしなくてはいけないこと。

7月19日

6時20分起床。晴れ。危険な暑さ。朝から昨日の残りのカレーを食べる。うまい。ジャパニーズカレーは、ターメリック1:クミン3の割合です。ぼくは友人と呼べる人が少ない。そりゃそうか、特定少数の変わったひとのほうが好きだし、その方向を向いているのだから仕方がない。そんなひとたちは自分自身のことを知っていて常にアップデートするし、他人に気を使っても忖度はしないし、思ったことをズバッというけど礼節はわすれないし、アホなこともできて、好きなことには勉強熱心で(勉強と思っていない)、テクノロジーには敏感で、音楽好きで、オシャレで、歴史や文化に詳しくて、時間が有限であることを知っているから増やすより減らすことを選択しているし、健康に気を使っているけど美味しい食べ物を知っていて、リラックスするときと暴れるときのバランスも取れるから酒を飲むときは飲んで好きなもの食べるときは食べて、たくさん本も読んでいて、愛すべきバカヤロー達だ。

 

さて、夏なので山下達郎のDay dreamを聞く。仕事を終えて、事務所でBBQ。手土産は友人に教わったわらび餅。お肉は伊賀牛。ホルモンと生レバーは自己責任。ぼくは焼肉奉行。生産者が近くにいると心強い。帰り道にああなんかこんな感じもたまにはいいなあなんて、空を見上げたら、オレンジの月が妙にきれいだった。

7月18日

今日も言われたけれど、たまに意識高いねと言われることの意味が分からない。まるまる女子とか、意識高い系なんて名称も意味がわからない。そう見えるかもしれないけど、ぼくは明確な目的をもってやっているだけで、面倒でもなければ、意識も高くない。通常運転だ。数年かけて少しずつバージョンアップしながら習慣化しているから苦でもない。そもそもやり始める前に、結果が出るまで2年はかかるとマインドセットしているから、すぐに目に見える結果が出ないことは想定内。

 

だから久しぶりに会う友人に現状報告すると、そんなの絶対無理と言われる。いやいや、ぼくはそもそもいきなりそんなことをしたわけではなく、手始めにこれ、その次にこれと、長期計画で段階的にステップを定めて一歩ずつ歩いただけ。その小さな変化の記録をここにしているわけだ。そう考えると、どこか遠くに行く方法は、毎日少しずつ小さなことをやる、しかない。そのうち気づけば遠くにいるのだ。学校を卒業してからは時間の使い方がすべてだ。だれも他人の時間の世話をしてくれない。

 

ひとの行為は昔からほとんどかわらない。食べなければいけないし、寝なければいけない。食材を買って、家に帰って、調理して食べる。(そんな時間がないひとはコンビニやスーパーで惣菜を買うか外食ばかりで不健康)行為自体は変わらないが、その食材になにを選ぶのかは、知識によって変わる。だから、知識は大切だ。それなのに、知識といえば、クイズ番組の答えが決まっているようなものだったり、センター試験に使えるものだとおもわれている。

 

ぼくは知識とは、それを知る前と後で世界を変えるものでなくてはいけないとおもう。知識だけじゃ頭でっかちで重荷になると思いがちだけど、ぼくはそうはおもわない。知識は頭にいくらでも詰められるし、知識を増やせば変化を察知できるようになり、変化できない自分に気づき、プライドを捨てられ、変化や違いを受け入れられるようになる。知識があればあるほど、行動が自由になる。

 

ぼくの好きな本に、石川直樹『すべての装備を知恵に置き換えること』がある。知識は持ち運び自由だ。持ち運び自由だから、有用な知識があれば、荷物を減らし、身を軽くできる。リュックが軽ければそのぶん移動距離が伸びるし、疲れも少ない。移動距離が伸びれば誰も見たことのない場所までたどり着ける。その知識を得るために唯一必要なのが時間だ。一朝一夕では知識は身につかない。

 

やっていることの先になにがあるのかが大切ではないだろうか。なぜなら目的に人が集まるのだから。なにかを選ぶには知識と選択肢がいる。だから知識を増やし選択肢を増やすこと。その中からちゃんと選ぶこと。ちゃんと選ぶには、余裕がいる。時間に迫られていたり、風邪を引いていたり不健康であると、正確な判断ができない。でも誰もが同じ24時間しか持っていないのだから、24時間をどう使うのかが大事なわけだ。The BeatlesがWe can work it outでLife is very short and there is no time for fussing and fightingと歌っているじゃないか。

 

本に書いてあることが本当のこととは限らないでしょって言ってなにもしないひとは、都合のいいことしか言わないテレビやインターネットや当たり障りのないことばかりを信じる。だけど本を読めば読むほど、自分の無知に気づき、知らないことを知り、その集積やトライアンドエラーが重なって精度が高まっていく。こればっかりはその経験がないと実感できない。インスタントやコンビニエントが猛威をふるっている。すべての問題は、疑問を問いにできないことなのではないか。言い訳は時間がないとか、すぐにわからないとかなのだろう。解像度を上げれば見えないものが見えるようになるのに。

 

今日もムクゲがきれいだ。