6月27日

◆9時に起きて、野菜直売所に1週間分の食材を買いに行き(枇杷があったのでカゴに入れ)、ユニクロでUVカットのシャツを買って、大きめのスーパーで鶏肉と豚肉を仕入れる。来週はチキンカレーと肉じゃがの予定。帰ってきて、昼飯にグルテンフリーのグラノー…

6月26日

◆17時から河原町で、ノンアル結婚式参列の友人と合流して焼肉。緊急事態宣言解除後最初の週末の京都は梅雨っぽい蒸し暑さ。街は99%のマスク着用率で賑わう。数年ぶりの阪急電車は全席着席の乗車率で消毒のにおい。四条河原町の交差点は20代30代の若者多数で…

6月25日

◆15時過ぎ、木々で空は見えないが、遠く、西のほうから雷鳴が聞こえてくる。風向きがすこしかわった。湿った匂いもする。早目に仕事を仕舞って山を下る。軽トラのフロントガラスに大粒の雨が2、3滴。激しい雨が降る。夏がやってくる。 ◆家に着いた頃には雨…

6月24日

◆家の工事記録。広い家での生活のマインドセットおよび荷物のまま、狭い部屋で過ごすのhしんどい。「すてる」には、まず、マインドセットを変えたほうがいい。テレビをやめ、本を読もう。友達を減らし、師匠を見つけよう。 ◆地が変化した瞬間がチャンス。進…

6月23日

◆言ってしまえば、勉強がおもしろくないのは、世界を変えたことがないからだとおもう。世界を変えるなんてそんな大ごとではない。世の中を見る認識が変わった瞬間に気づいたことがあるかないかだとおもう。その「さしかかり」を見つめる。 ◆母家の工事が始ま…

6月22日

◆朝、友人を最寄りの駅に送った。一日中は昨夜の雑談の余韻でいっぱいだった。「空気に触れさせる」と友人のアドバイスがずっとリフレインしている。 ◆友人とのひとときはあっという間だった。あっという間の楽しさの理由は、雑談にあるけれど、その雑談(数…

6月21日

◆夏至。17時を回っても太陽は高い。 ◆師匠がおなじ力を使っていたとしても、その使い方によって天と地ほどの差が生まれる、と朝から説く。いままで見えていなかったものを見えるようになっているから、自身の変化に気付けるが、しかし、まだまだである。師匠…

6月20日

◆練習終わりに、草津駅前の丸善へ。アマゾンの「ほしいものリスト」に投げ入れていた本の確認へ。ボブ・ディランのインタビュー集『ボブ・ディランインタビュー大全』、小沼純一『武満徹 エッセイ選 言葉の海へ』、重森三玲『庭を見る心得』、若林恵『次世代…

6月19日

◆家の解体のために、朝、大阪から兄が帰ってきた。家のものをいろいろ物色している。おかんが、「これ、宗教のものやな」と言ったとき、宗教と生活は混ざり合っているのに、現代人の思考においては、別々のものとなったのだなと。言葉の違和感がちょっと気に…

6月18日

◆曇り時々小雨の金曜日。仕事から帰ってひとっ風呂。うたた寝、Mind Maintenanceを聴いてうとうとな週末。

6月17日

◆「ああ、すみませんね。僕が悪かったです」。いまどきそんなこと言う奴いるんだ。なんとなく自分が組織の中で偉いと思っている人が、再三注意を受けたときの態度って最悪。あやまればいいんやろ。もうやらへんわ。なんてクソ。なんに怒られてるのかわかろう…

6月16日

◆コロナウイルスが炙り出したものは、その国家(システム)の弱点である、というような記事を読んだ。たとえば、アメリカでは、皆保険制度がないためにコロナを患ったとしても、みなが病院に駆けつけるわけではない。では、日本ではどうか、というお題を、夕…

6月15日

◆おもむろに、ダイエットをしようとおもった。情報ダイエットを。テレビを見なくなって数年が経つ。YouTubeやSNSをやめよう。と同時に、食べ物も制限しよう。

6月14日

◆疲れていると感じる時には、息ができていないだけなのかもしれない。そんなときには、熱めの風呂にしばらく浸かって、出たらストレッチを入念にしてから、瞑想に限る。超回復。 ◆暮色のなかの瞑想を終えて、気持ちよく畳の上に寝転がっていたら、親父が帰宅…

6月13日

◆提案、相談したとき、反射で無理という人に出会ったらそのひとに理由を求めても無駄で、無理なことは無理となる。だってその人はそんなバカみたいなことやったことないのだから。狩りしたことのない人に狩りの相談したところで。そんなときは全部事後報告。…

6月12日

◆今日もお昼で仕事を終えて、帰ってシャワー浴びて、昼飯食って、ちょっと昼寝したら、フットサルに行って、練習後に駄弁って、帰りに新しく発見したスーパーで良質の牛肉を仕入れて、家族でゆっくり夕食を食べ、ごちそうさましたら、風呂に入り、ストレッチ…

6月11日

◆5時30分起床、6時出発、7時仕事開始、9時30分仕事終了、10時30分帰宅、シャワー浴びて昼飯、昼寝、読書。このスケジュール、さいこーに気持ちいい。10年後はこのスケジュールで動けるようにいまからホップステップ。

6月10日

◆ここのところ、気持ちいい一日の時間の流れは、どんなものかと感じながら一日を過ごしている。それはおそらく、小学生のころの土曜日の午前授業のような過ごし方で、半日で学校を終えて、13時には家に帰ってきて、のんびり過ごすものだ。 ◆今日は、5時30分…

6月9日

◆木陰が気持ちいい。 ◆昨日より今日のほうが、今日より明日のほうが、成長していなければいけないプレッシャーを拭い去れない者はいつまでも世知辛い。成長=変化と捉え直せることができるなら、日常の自己や外部環境の些細な変化を感じるだけでいいのだがし…

6月8日

◆訳あって、ベッドで寝るのをやめた。フローリングの上にキャンプで使うマットを二重に敷いて、ベッドシーツを被せて、寝ている。当然のことだけど、床は硬い。ベッドのように身体の重さに対応して凹んでくれない。意気揚々と反発してくる。だけど、寝起きが…

6月7日

◆9時55分。初セミが10秒鳴いた。夏が来た。

6月6日

◆朝、ドライブに出かける。マイドライブコース、鈴鹿山脈周遊である。久しぶりとあって景色は暗闇坂むささび変化。東海環状線の脚立の増殖、畑にぶっ刺さった看板は広告募集の張り紙、高級スーパーは庶民派スーパーに鞍替え、パスタとおにぎり2つとパイナッ…

6月5日

◆夕日が綺麗だ。車のサイドミラー越しに見る夕日がとても綺麗だ。雨が明けて空が澄んでいるからか夕日が綺麗だ。仕事を半日で終えてスローでメローな時間に余裕があるからか夕日が綺麗だ。大学の先輩に東京でウェディングパーティに誘われたけどいけないから…

6月4日

◆雨が降っているから、田中一村展へ。京都駅にある美術館にて。受付はソバージュの女性。一村の背景は薄い黒、主題は鮮やかな奄美の動植物。植物の輪郭はぼんやり枝葉はしっかり。対象のちょっと気になる瞬間をとらえる70mm前後の画角のスナップ。部分から生…

6月3日

◆毎年梅雨の時期は停滞モードというか、自分に何も入れないサナギ・モードが発動していて、なにをするにも手に付かないってわかっているから、なにも心配していない。そんなときには、傍若無人に振る舞うのです。 ◆「そうではないとも僕は思ってます。即興的…

6月2日

◆2日放ったらかしにしていたQuartzの『だえん問答』を読む。サイコー。 ◆おっしゃる通りでして、「ちょっと気になる」というところが大事だと考えられるのは、そこに人と社会とが接触点があるからなんじゃないかと思います。「ちょっと気になる」ことという…

6月1日

◆6月に入りました。梅雨はまだ中休みで、晴れが続いている。 ◆自己投資は積極的に。なにかをつくりだす道具にはお金と機会を惜しむな。本は無限に買いなさい。

5月31日

◆サッカーなら朝早くても文句ないのに、旅なら眠気まなこでも気分上々なのに。仕事となるとどうしてだろうね月曜日。五月最終日。昨日のチル感を終日ずっと忘れられない。 ◆最近はね、言葉に敏感になっていて、チラシに「和の魅力」なんて書かれていたら、そ…

5月30日

◆BBQで肉を食らって、琵琶湖に飛び込んで少し疲れた、陽が沈み始める15時過ぎ、琵琶湖湖畔でChillout。暮れていく陽にカラッとした風が心地よい。なにも考えず湖面に揺れる波を眺めている。一日の時間でホッとリラックスできるひとときにこそ、それ以外の時…

5月29日

◆198円の鯖弁当を食べていたおじさんに、それ毒っすよと言ったら、ちゃんと味あんで、と。原価0円のものに魔法の粉まぶしてあるというと、ムスッと。おじさん世代は食費度外視か食事に無関心なご様子。 ◆昨日のサッカー日本代表のインタビューでほとんどの選…