4月20日

雨天決行の仕事が、大雨のため中止となった月曜日。ハンバートハンバートのWorkを聞きながら、通った公園の桜の花はほとんど散っていた。コロナウイルス(最近の日記には「コロナウイルス 」がほぼ出現するなあ、2020年の生活の背景に間違いなく影響してる)によって、毎日がほとんど変わらず退屈になった、と誰かが言った。だけど、けしてそうじゃない。桜の花は散り、田んぼには水が入りはじめ、カエルは鳴き出し、梅雨が来て、蛍が舞いはじめる。身近な手の届くところにピントを合わせてみると、世は移ろっていることに気づく。ヴァレリーは、「道具は意識から消えていく傾向がある。その作動は自動的になったと日常よく言われる。ここから引き出すべきは、次のような新たな方程式だ。すなわち、意識は事故があってはじめて目覚めるというものだ」といった。

 

ドミニク「あまりにも分類がなされて、確定的に記述された情報に触れて生活している現代人でも、情報をシャットダウンして無人島のような自然の存在感が圧倒的な場所に数日いるだけで、身体感覚が変化して非言語的な思考形態(直感)を獲得したりするということがあります。」

 

松岡「文明は可視化された現象から社会を組み立てました。見えないものに対するロジックを見えるものの側から作っている」

 

松岡正剛・ドミニク・チェン『糠床』より)

 

20時過ぎに、20分走る。20分風呂に浸かって、20分ストレッチ。寝る前に、過去の稽古を振り返る。

 

この世の移ろいにピントを合わせて、眺めたい。

 

ーーーーー

厚生労働省より
4月20日12時時点、国内で今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の感染者は10,751例となりました。
内訳は、患者6,656例、無症状病原体保有者704例、陽性確定例(症状有無確認中)3,391例となります。国内の死亡者は171名です。
また、国内での退院者は80名増加し、1,239名となりました。

【内訳】
・患者6,656例(国内事例6,611例、チャーター便帰国者事例11例、空港検疫34例)
・無症状病原体保有者704例
(国内事例606例、チャーター便帰国者事例4例、空港検疫94例)
・陽性確定例3,391例(国内事例3,391例)
日本国籍の者4,803名、外国籍の者62人(他は国籍確認中)

ーーーーー