TOSHI KIDA
ウツロイ
色は匂へど散りぬるを


8月10日

2012年にフィリピンから帰ってきて、たしか、友人に会いに東京に行った。そのついでに、池袋のソフマップで友人のおかげで、安く買ったMacBook Proが熱を帯び、音を立て、挙動不審になる。そうか、5年も使っていたんだった。学生時に教授がムーアの法則で、半導体の集積率が3年で4倍になるといっていたのを思い出す。ということは、一年半で2倍の能力向上、あるいは価格が半分になる。で、5年使ったので、2012年とは8倍以上の開きがある計算になる。が、実際のところ、パソコンやスマホの成長率は下がっているようだ。

 

まだぼくにはパソコンは必要だ。ネットを見るのも、電子書籍を読むのも、音楽を聴くのも、電車の時刻を調べるのも、電卓も、地図を見るのも、買い物も、日常で使うのにはスマホで、十分なんだけど、こと、「作る」に関してはまだパソコンでしかできない。コードも書けないし、細かい動画編集もできやしない。これができないと、表現の細かいところまで突っつくことができない。なにかを表現するなら、自分の手でやるべきだと、ぼくはおもっている。そうじゃないと、自分の感覚がすべて出せないし、伝わらない。それが稚拙だろうがなんだろうが。

 

30分使えば、熱を持って機能が低下する。パソコンを30分使って閉じ、冷めるまで待ってまたはじめるの繰り返し。このループになってから調子がいいのは、最近の音楽の趣向のせいだろうか。そろそろパソコンの買い替えどきのようです。