TOSHI KIDA
ウツロイ
色は匂へど散りぬるを


4月16日

前から気になっていた、松岡正剛と水曜日のカンパネラのコムアイの対談をテレビで見た。なぜ見たかったのかというと、松岡正剛が注目しているからだった。

 

知の巨人と呼ばれる松岡氏(だって千夜千冊という修行のようなことをしたり)が、50も離れた女の子に興味を示すことに、僕は興味を示した。

 

僕がよくやるのだけど、陶器市に行くと、センスの良さそうなひとをまず見つける。そのひとがどんなものを買うのかを見ている。センスはセンスのあるひとから学べるからだ。

 

まあそんなこんなで、1時間の番組はあっという間に終わった。コムアイはわかっている。わかった上で、グレーゾーンをあるいは、疑問を問いかけている。真面目と楽しいが共存できることを。

 

で、エビデンスを追いかけてばっかりいると、がんじがらめになって動けなくなってしまう。

小利口になるな、か。これだな。Stay foolish, stay hungryだな。