TOSHI KIDA
日々の記録


4月14日

引き続き、レヴィ・ストロースのかな悲しき熱帯を読んでいる。いままでおもっていたことが、言葉にできないとか、僕だけかなとおもっていること、(そういう感覚って、普段の会話の話しってやらない)が、やっぱりそう感じているひともいるとわかって安堵することがある。ブリコラージュなんてまさにそう。これもひとつの本の醍醐味です。