TOSHI KIDA
ウツロイ
色は匂へど散りぬるを


8月10日

2012年にフィリピンから帰ってきて、たしか、友人に会いに東京に行った。そのついでに、池袋のソフマップで友人のおかげで、安く買ったMacBook Proが熱を帯び、音を立て、挙動不審になる。そうか、5年も使っていたんだった。学生時に教授がムーアの法則で、半導体の集積率が3年で4倍になるといっていたのを思い出す。ということは、一年半で2倍の能力向上、あるいは価格が半分になる。で、5年使ったので、2012年とは8倍以上の開きがある計算になる。が、実際のところ、パソコンやスマホの成長率は下がっているようだ。

 

まだぼくにはパソコンは必要だ。ネットを見るのも、電子書籍を読むのも、音楽を聴くのも、電車の時刻を調べるのも、電卓も、地図を見るのも、買い物も、日常で使うのにはスマホで、十分なんだけど、こと、「作る」に関してはまだパソコンでしかできない。コードも書けないし、細かい動画編集もできやしない。これができないと、表現の細かいところまで突っつくことができない。なにかを表現するなら、自分の手でやるべきだと、ぼくはおもっている。そうじゃないと、自分の感覚がすべて出せないし、伝わらない。それが稚拙だろうがなんだろうが。

 

30分使えば、熱を持って機能が低下する。パソコンを30分使って閉じ、冷めるまで待ってまたはじめるの繰り返し。このループになってから調子がいいのは、最近の音楽の趣向のせいだろうか。そろそろパソコンの買い替えどきのようです。

8月9日

山は、暑い風と涼しい風が交互に吹いています。涼しい風にあたると、秋のはじまりを感じます。ふとカレンダーを見ると、昨日が立秋だったようで、月の暦に、ひとの感覚が寄り添っていることに気づきます。秋は振り返るとそこに立っていました。

 

ひとは自然の元で生活をしているのだから、ひとの作るものも自然の原理に寄り添ったものがいいのだろうと最近はおもっています。自然とはなにかというと、水は低いところを流れるということです。山はのっぺりしているのではなく、尾根と谷が連続していて、しわがあるということです。月によって潮の満ち引きがあるということです。太陽の当たる方向に木は枝を伸ばすということです。 ひとの作り出すものも、より自然に近いものに惹かれます。そういうものから、日本を考えています。

 

先日書きなぐったことのなかの、「経験や体験に基づいた本業とはまったく関係のない知識を持つひとの時代到来」というメモが気になって仕方がありません。