TOSHI KIDA
ウツロイ
色は匂へど散りぬるを
http://www.toshikida.com/


5月9日

訪れは、「おとずれ」ではなく、「おとづれ」で、音連れとなる。「ず」と「づ」のこの違いを感じ取れる感覚を忘れちゃいけない。だから、訪れると書いたときには、音も一緒に連れてくることになる。そう感じ取るにはやはり、「づ」でなければいけない。この違いは日本人じゃないとわからない。なぜなら仮名というのは日本人が考え抜いた言葉だから。僕がいま学びたいのはこういうこと。二夜続けて、松岡正剛さんに唸った。

 

山本七平が日本人が忘れちゃいけないことがふたつあって、ひとつは、不定時法、もうひとつは、仮名だと。最近はそのふたつに興味があって、どの本を選ぶか考えている。(ほぼもう決まったけど)というのも、春の曙や、夏の夜がなぜだかわからないけど、いいなとおもえるのは、元を辿っていけば、このふたつが大事だからなのだろう。ぼくが晴らしたいうやむやの謎はここにあるとおもふ。

 

 もはやグローバル日本は「日本のない日本」でいいんだという混乱なのだ。先だってシャネルのリシャール・コラスさんがこんなことを資生堂に向けて語っていた。「日本の企業がグローバルになりたいなら、“郷に入っては郷に従え”には、しないことです。日本は世界のどこでも日本を主張するべきです」。  その通り。日本はナショナルな「国」よりも、パトリオットな「郷」をもって世界に向かうべきなのだ。企業だけではない。政治もサッカーも歌舞伎も、そのほうがいいに決まっている。それなのに経産省はクールジャパン予算で400億円をありきたりなシナリオでばらまこうとしているし、家庭雑誌たちは今年もまた「おせち」の特集で正月をごまかそうとするだろう。  こんなことばかり続いているのは、いけません。そろそろ足腰を鍛え、“Jかさね”の方法日本を方法日本用語で解読できるようにするべきである。今夜の千夜千冊がその一助となれば、有難い。(松岡正剛 千夜千冊1526夜「かさねの作法」より)

 

5月8日

空が霞んでいる。黄砂だろうとおもっていたが、松を伐倒したら、花粉が飛び散った。

最近読んでいる本に、同じようなことが書いてあった。(ぼくはたいがい、何冊も平行して読んでいる。 )それはこうだ。物事には「多面的な真実」がある。名探偵コナンは真実はいつもひとつというけれど、歴史にだって、いろんな見方があるのだから、真実はひとつではないのだろう。それをむりやりひとつにしていたり、ひとつしかないと思い込んでいたりするわけで。蝶々の羽ばたきが、大地震の原因にだってなりうるのだ。そう考えると、世の中は複雑だ、そんなのはわかりきっている。物事には「多面的な真実」があるとおもっていればこそ、より自分の見方の大切さが身にしみるし、好き嫌いが個性だとおもえる。自分の好みを大切にしたい。

 そうそう、個性という言葉の語源はペルソナで、ペルソナは仮面のこと。それが、パーソナルになった。ペルソナは猫かぶりといういみではなく、何かになるということ。名になりたいかは好みによるのだと、ここでも、松岡正剛さん。いやぁ鋭い。

 

加えてこれもやばい。

「つばき、葉おちて露となる。何ぞ」。

お題は「つばき」だけ。ヒントは、「葉おちて露となる」。これはなにになるのか?

「つばき」から葉が落ちたのだから、「つき」。それが、「露となる」のだから「つ」が「ゆ」になって「雪」。答えは雪だが、これが、椿、葉、露、雪というふうに雪月花するのだ。 これ、やばい。

最近、松岡さんにどっぷりなんだけど、そんな松岡さんによると、山本七平がいうには、日本人として、仮名と不定時法を忘れたらだめだと。 山本七平さんと、仮名と、不定時法を読もうとおもう。そのまえに、積ん読も。そのまえに、これ。やばい。すごく感動する。