TOSHI KIDA
ウツロイ
色は匂へど散りぬるを

Everyday with playlists


4月11日

最近は4月なのに、梅雨のような日々が続いている。朝起きて、チーズケーキを作った。コーヒーを淹れて食べ合わせる。コーヒーに甘い物は合う。最近は花林糖がいい。それから、スペクテイターのホールアースカタログ特集を読み、レヴィ・ストロースの悲しき熱帯を再び読みはじめた。本には読期があると、松岡正剛は言っていて、僕はこれが好きなのだ。本を読むタイミングが違えば、本の印象もまた違うのではないのか。そういえば、以前友達が、フランス人はあまり好きじゃない、だって、初めて会ったフランス人がうっとおしかったから、といっていた。読書や人との出会いにはタイミングがある。それを縁と呼ぶのだろう。然るべきときに、然るべきことを。

 

 

4月9日

タローさんの家で、コーヒーパーティー。オーストラリア帰りのさかもっちゃんを連れて伊賀のタローさんの家へ。昼過ぎに到着して、家の中に入ると、まだまだ改修中なのだけど、昔の家特有の薄暗さに落ち着いた。ドラム缶をくりぬいたストーブに巻きを入れ、火をつけた。ストーブを囲んで、深夜1時まで男三人で語り合った。スティーブ・ジョブズはガレージでアップルコンピューター一号機を作った。それに習って、大人にも、子どもにも、そういった想像力を喚起するガレージ、または広場が必要だと強くおもった。

4月8日

朝起きて、東へ向かう。玄米を買いに大津に、それから、西へ車を走らせ、鈴鹿山脈で水を汲み、そこから南下して、亀山の商店で、ゴマと花林糖と調味料を買う。いま現在は食べるものを買うことで生活しているが、いつかは、作ることや交換することに置き換えたい。自分たちの目の届く範囲で、自分たちで行いたいものだ。そして買うものは、何かを生み出すものにシフトしたい。