TOSHI KIDA
ウツロイ
色は匂へど散りぬるを

Everyday with playlists


3月8日

Pulp Fictionでジョン・トラボルタとユマ・サーマンが、チャック・ベリーのYou never can tellに合わせて、ツイストを踊っている映像が頭で流れた。僕はこのシーンが好きだ。

 

小泉武夫「発酵食品礼讃」を読み終えた。発酵食品、日本のものは、カビが多い。土地柄、高温多湿なのでカビは生育しやすい。そこに日本の独自性がある。文化とは土地に根ざしたもののようだ。

 

先日兄が娘を連れて帰ってきたときに、牧場に行った。都会になくて、田舎にあるのは、広い空間と自然だ。星の軌跡や、花の香り、時間によって変わる風、四季の移り変わりなどは、体験しないとわかり得ないもので、体験すべきものだ。広い空間もまた、想像力を喚起するのに必要なのだと強くおもった。

3月7日

スーザン・ソンタグ「反解釈」をすこし読んだ。それから、次に買うだろう本「千のプラトー」についてあらすじを知りたいとおもって、松岡正剛の千夜千冊のジル・ドゥルーズを読んだ。ソンタグの反解釈とドゥルーズのリゾームやプラトーの概念が繋がっているようにおもった。ぼくがいま考えていることっていうのは、誰が、あるいは何が、こう考えろっと指示(アルゴリズム)しているのだろうか、というのは、ずっと疑問におもっている。それって、ひいては、社会構造にも関係あるのだろう。そんでもって、小泉武夫「発酵食品礼讃」をすこし読んだ。発酵すごい興味深い。明日には、ヨーグルティアを買う予定。圧力釜と保温器のダブル。

3月6日

24時間水に浸けて発芽玄米にしたら、食べやすかった。うまく発芽玄米を作れるようにしよう。ヨーグルティアに今注目している。発芽玄米、甘酒、塩麹、発酵食品の幅が増える。

 

そうそう、塩を粒の荒いものに変えた。朝は決まって、発芽玄米のおにぎりに、ごま塩を

ふりかけている。荒い塩が入ることで噛みごたえがある。食べものはもちろん味が大事だけど、テクスチャーも大事だ。テクスチャーとは、食感や歯ごたえのこと。

3月5日

兄が大阪から娘を連れて帰ってきた。我が家の誰しもが張り切っている。この感じは嫌いじゃない。ただやることなすことがよそいきのようで、なんだかいやだ。たとえば、普段食べないものを買い込んできたり。出来合いのお惣菜とか。僕がおもう至上なものって、やっぱり手作りだと思う。親世代は自分で作らなくて、いいものは買ってくるものだと考えているから、そういうことは、変えていきたい。

 

兄夫婦と姪を連れて、近くの農業公園に行った。動物と触れ合えるのはもちろんなのだけど、子どもにとって最も大切なのは、走り回れる広い空間があることだとおもった。それさえあれば、なにもいらない。自分で勝手に、想像力を働かせて、楽しそうに走り回るのだろうから。