読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOSHI KIDA
日々の記録


2月25日

nomaのこと

時間と場所のアイデア 今どこにいて、どの季節なのかを感じられる、たとえば料理やアクティビティを、人々に提供する。まずは季節を理解すること。時間と場所。新しいことを模索するときに軸にする。外に出るべきで、自分のいる場所に関心を持ち、そこにある食材にこだわる。どこの食材も使うことができるが、味は場所と密接につながっている。その時期にその場所で取れる旬のものに絞ること。限られたものしか使わないからこそ、すばらしいクオリティが出せる。そこに妥協はない。 

 

実は一番近いところの目に見えないものや、表面がラッピングされて剥がさないと見れないものに、真実が隠されているのかも。

 

ニャロメとPTA会長の話

Spectator特集「赤塚不二夫」を書店で立ち読みした。最近気になっていた人だ。そこにニャロメの漫画が載っていた。子どもがPTA会長にひき逃げされた。それを目撃していたのはニャロメだけだった。ニャロメはオオカミ少年、本当のことを言っても誰も信じてくれない。PTA会長はひと前ではすばらしい人格のひととして振る舞う。結末はこれで終わる。ハッピーエンドも、バッドエンドもない。目の前で起こったことに対して、自分はどうするのか。そうといかけているようにおもった。

 

飲みの血液型のはなし

今日はフットサルのチームで飲みだった。その席で、誰かが血液の話をしていたから聞き耳を立てていた。A型とO型は相性がいいらしい。僕は思う、結局、いいことも悪いことにしても、そういうのは、根拠のない後付けの理由だということ。だから、もっと大切にすべきなのは、ひととひととの間にある、一次情報。つまり、僕だけが知っているそのひとのことなのだ。

2月24日

昨日作ったスパイスカレーを昼に食べた。おいしかったがパンチがない。次はカイエンパウダーを小さじ1杯いれよう。150杯分のスパイスがなくなる頃には、腕が相当あがっているだろう。それから、ザワークラウトを作った。キャベツを刻んで、重量の2パーセントの塩をしっかり揉み込んで、瓶にぎゅうぎゅうに詰める。10日後には、あの癖のある酸っぱさと酸味が味わえる。

2月23日

今日は雨で休み。昼に目が覚めた。昼から五個荘の麹や儀平で麹1kg購入。夜、スパイスカレーを仕込む。たまねぎの炒め具合が大事だと、レシピ本に書いてある。ヨシカワの友人の関西弁を話すネパールのひとに、スパイスを調達してもらった。それから、麹や儀平の甘酒を試飲。裏面の材料をみると、米麹のみ。いい感じ。甘さもいい感じ。腸内をよくしよう。寝る前に、ノーマの映画を見る。

2月22日

昨日寝る前に、玄米麹から甘酒を作った。というより、麹にがんばってもらった。麹が気持ちいい環境を整える。が、しかし僕は早く寝なきゃとせかせかしていた。そんなのも影響するだろうな。恐らく失敗だ。あと数時間待って、試飲してみよう。

仕事後事務所で、甘酒試飲。匂いはいい。一口目は甘酒。米の形が残っているから、十分に発酵できていないようだ。ということは、おそらく温度が低くなり過ぎたのだろう。保温がポイントだな。勉強勉強。

試飲後、タローさんが中華の料理人の陳建民の話をしてくれた。NHK「きょうの料理」で、料理をしていて、助手がことあるごとに材料や調味料の分量を細かく解説していた。そのたびにそんなのイラナイアルと突っ込むのだそうだ。大さじ1杯擦り切りとか、そんなのどうだっていい。そんなのイラナイアル。料理はフィーリング。

最近気になる本、スーザン・ソンタグ「私は生まれなおしている」「心はからだにつれられて」。明日からでも、自分のやりたいことができるのだ。今までやろうとおもっていて、でもできなかったことなんて、たいがいすぐにやりはじめれる。こころがついていっていないだけで。

2月21日

仕事を終え、帰宅途中に、亀山の珈琲屋に寄りCOEの在庫処分品を格安で200g×2つ買って、その近くの商店に行き調味料と玄米麹とツバメやサブレを買って、道中にサブレを食べながら、国道306線を北上して鈴鹿の雪山へ水を汲みに行った。雪が深い。家に帰って甘酒を作る。

 

いま現在の食べ物については、おいしいものを自分で作るより、おいしいものを買ってくるほうが、主流のようだ。家でその主流というやつに反抗している。こいつがなかなかに手強い。手強いのはひとの心なのだろう。それをちょっとづつ変えていきたい。うちの台所や、僕の周りから。

 

過剰な消毒で、殺菌された世の中に対して、行動で示す、もちろん、ゆるく。菌を腸に取り込んで、健康な体を作る。食べ物を通して、教育つまり生きることを学ぶ。 そのはじまりを、甘酒とする。

 

車のラジオから、The mamas and papasのCalifornia Dreamin'が流れた。これを聞くと、ウォン・カー・ワイの「恋する惑星」を思い出す。僕はこの映画が好きだ。ひととひとが出会うタイミングや、ひととひととの距離感の描写が絶妙。映画出てくる、ひととひとの関係が、香港の監督が描いたからなのか、東の果てに住む僕のフィーリングにも合う。あの突発的な撮影も僕は大好きだ。Take away showも好きだ。PhoenixのPVが特に。

2月20日

夜、京都へ、ケンと食事。ケンは大学サッカー部の後輩で高校も同じ、といっても7歳年が離れていて、この春で大学4年になる。毎年この時期に飯に行っている。今回は就活するにあたって話を聞きたかったらしい。(どう考えても、聞く相手を間違っているとおもうが)

 

知らないことを知るためには、自分が無知であることを知ること。

なぜ生きるのかを考えたときに、知らないことを知りたい、心臓が縮むような体験がしたいとおもった。

そのときに、自分の力なんてこれっぽっちも通用しない力があることを認識することだ。それでいて、自分の意識の力は、ちょっとずつ自分の思い通りに動かせること。

 

SadeのSmooth operatorのリフレイン。

2月19日

アラームをかけずに、起きるまで寝たら、昼前だった。きな粉ミルクを作って朝飯とした。午後、部屋を片付け、ソファに寝転んで、スペクテイター「発酵のひみつ」を読む。本を再読すると、前に読んでいたときに見つけられなかったことを、見つけることができる。ちょっとうれしい。amazonで本を注文した。腹を鍛え直そうとおもった。フラーの発電機の話を思い出した。好奇心は発電機で、こればっかりは自分でしか動かせないというようなものだ。好奇心は大切だ。

2月17日

愛知県一宮でフットサルの試合。予選敗退。結果は残念だが、自分の力だけではどうにもならないことを学ぶのにチームスポーツはいい。夜、チームで居酒屋にて飯。酔わなくても、熱く語れるのは、いいことだ。酔わなくても、熱く語れるのは、いいことだ。

2月16日

今日も山を歩く。毎日同じことのくりかえしのようだが、気づいていないだけで、日々自分にも、世界にも、小さな変化がある。今日はポカポカ陽気。週末に楽しみな予定があると、その前日の仕事はかなりはかどる。そんな予定の組み方ができれば、毎日楽しいとおもえ、結果的に、仕事がかなりはかどるのではないだろうか。

 

今日は、忌野清志郎のボブディランのカバーで風に吹かれてが流れた。その答えはかぜまかせ。

2月15日

今日も森を歩く。快晴。日向は春のよう。朝晩の冷え込みと、ときおり吹く風はまだ冬。芽吹いているのがわかる。

昼は、伊勢の豚捨で牛丼。しっかり歯ごたえのある牛肉に割り下。見た目が黒いので辛そうだがちょうどいい。うまい。

夜はリバさんに体の状態を診てもらいに京田辺へ。家から1時間少々かかるが、そこにいく価値が大いにある。全快。

 

The band / The weight